読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

To live on your own. 私には、私の道がある

いろんな生き方、働き方について書きます!

アメリカ留学について聞かれた良い質問 後編

生き方

「アメリカに留学して良かったことってなに?」

 

 

そう聞かれて、答えた「言葉はツール、道具であること」を実感したこと

 

相手を理解しようという気持ちがなければ、意味は通じても、気持ちは通じないということが

わかったこと。

 

 

 

そしてもう1つ。

 

 

それは、仲良くしていた、タイ人のお友達と、イラン人のお友達と、

空き時間に、カフェテリアでおしゃべりをしていました

 

 

いつのまにか話題は、「アメリカの悪口」

 

 

そこへmアメリカ人の友達がやってきて、

「ハイ、何話してたの?」

 

と聞いてきました

 

 

とっさのことと、その子の笑顔につられ、つい

「うん、アメリカってこんなところが、ダメだよねって話してた」

と答えました

 

 

すると、彼女から笑顔が消え、怖い顔になりました

 

「えっ、じゃああなたたちはなんでアメリカに来たの!?」

と怖い顔のまま聞いて来ました

 

 

「いや、あのー英語を勉強したいと思って」

 

 

「そうだよね、そうやってアメリカには世界中から留学生が来るんだよ

それはね、アメリカが素晴らしいからだよ 私はアメリカを世界ナンバーワン、にだと思ってるの

だから、アメリカの悪口言うなら帰ったら?」

 

 

シーンとなりました

 

誰も反論できませんでした

 

 

 

じつはこの女の子、左手の薬指に婚約指輪をしていました

 

つまり、卒業と同時に結婚することが決まっていて、大学進学もしない

予定の、普通の女の子です

 

 

普段は、そんな真面目な話もしないのにこの時に血相を変えて怒ったので、

本当に驚いたのです

 

 

普通の高校生が、

「私は私の国を世界ナンバーワンだと思ってるから、悪口言うなら帰って」

って、言えますか?

 

 

日本人はきっと言えないな、まず私が言えないな、とおもいました

 

 

この愛国心

国への信頼。

いま考えてみれば、大学進学しない、普通の高校生だから、

他の国のことも知らないから、ここまで強気に言えたのかもしれません

 

こんな人たちがたくさんいる国に、日本は勝てないだろうな、と思ったのは

覚えています

 

 

私だったら?

日本人だったら?

 

と言うことを、意識せざるを得ない環境に、若い時に行ったことが、

その後の私に、大きく影響を与えてくれたことは間違いありません

 

 

若い時こそ、海外へ行ってほしいと、本当に思います

 

良い質問をありがとう!

 

 

f:id:hello106:20161125164553j:image

 

 

上野博美